仮想通貨の始め方ガイドを見る

Coincheck(コインチェック)での取引方法と取引手数料【取引所 / 販売所】

Coincheck(コインチェック)での仮想通貨の取引(売買)について、コインチェックでの取扱通貨(銘柄)の種類、取引手数料、具体的な取引方法を解説します。

初めて仮想通貨を取引(売買)はちょっとドキドキしますよね。特に、取引所(板)での取引となると、初めて見る人にしたらどうして良いのかわからないと思います。これ僕自身もそうだったので気持ちはよくわかります。

というわけで、コインチェックでの仮想通貨の取引についてそれぞれ説明していくので見ていきましょう。

MEMO

まだCoincheck(コインチェック)のアカウントを作成していない、またはCoincheckに入金していないという場合は、この記事を読む前にそれらの作業を済ませておきましょう。

Coincheck(コインチェック)に登録する

Coincheck(コインチェック)完全ガイド:登録方法と使い方を解説 Coincheck(コインチェック)での入金方法:目的別におすすめ入金方法を解説

取扱通貨(銘柄)の種類

コインチェックで取り扱っている通貨の種類は以下のとおりです。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • モネロ(XMR)
  • オーガー(REP)
  • リップル(XRP)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ダッシュ(DASH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

公式で確認したい場合はこちらをご覧ください。

参考 取扱い通貨の終値一覧Coincheck(コインチェック)

取引手数料

コインチェックの取引手数料は、取引所であっても販売所であっても基本的には無料です。念のため公式の手数料ページを記載しておきます。

参考 取引所手数料Coincheck(コインチェック)

ただし、どこの取引所でも取引手数料の他に「スプレッド」というものがあります。スプレッドとは、買値と売値との差のことであり、表向きには公開されていませんが、これも実質的な手数料です。

特に、コインチェックの場合は取引手数料が取引所・販売所ともに「無料」となっていますが、その分スプレッドが大きいです。

以前僕が各主要取引所のスプレッドを比較検証して記事にしたので、ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨取引所のスプレッドを比較検証【取引所 / 販売所】

取引所と販売所の違い

まず、取引所と販売所の違いについて簡単に説明しておきます。

取引所と販売所の大きな違いは、売買する相手です。取引所で売買する相手はユーザーです。販売所で売買する相手はその販売所です。

これによって何が違ってくるかを説明するために、それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

取引所

取引所では、売買する相手がユーザーなので、取引にかかる手数料が少ないです。

ただし、売買する相手がいないと取引が成立しないので、指定した価格によっては取引が完了するまでに時間がかかることもあります。

販売所

販売所では、売買する相手が販売所なので、販売所が決めた価格でしか売買を行うことができません。そのため、手数料が多くかかります。

しかし、多くの量の仮想通貨を一定の価格で一気に売買するのには便利です。

つまり…

つまり、上記の違いから考えると、仮想通貨を売買する場合は基本的に手数料の安い取引所で売買するのが良いです。ただし、かなり多くの量の仮想通貨を売買する場合は販売所を利用するのもありです。

MEMO

取引所と販売所の違いや使い分け方法はこちらの記事で詳しく説明しているので、もしまだ良くわかっていない場合はぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨の「取引所」と「販売所」の違いと使い分け方法

仮想通貨の取引(売買)方法

取引所での取引方法

ではまずは取引所での仮想通貨の取引方法を見ていきましょう。

Coincheckトップページを開き、下にスクロールします。


すると、ビットコインの売買ができる「板」というものがあります。板での売買経験がないと、これが何を意味しているのかがわかりませんよね。

売り板は、「◯◯(BTC/JPY)での売り注文が◯◯(BTC)ある」というのを示しています。例えば、この画像で見てみると、「2,191,127BTC/JPYでの売り注文が0.041BTC、2,191,225BTC/JPYでの売り注文が0.05BTC、…」といった感じですね。

買い板は、「◯◯(BTC/JPY)での買い注文が◯◯(BTC)ある」ということを示しています。例えば、この画像で見てみると、「2,191,002BTC/JPYでの買い注文が0.1742BTC、2,191,001BTC/JPYでの買い注文が0.005BTC、…」といった感じです。

ただし難しく考える必要はありません。ここからは買いたい場合と売りたい場合に分けて説明しますね。

買いたい場合

ビットコインを買いたい場合は、売り板の中での1BTCあたりの価格が最も安いものを選択すれば、最もお得に購入することができます。この場合、「2,191,995」を「レート」の部分に入力すれば良いということです。※赤枠で囲った数字をクリックすれば、「レート」の欄に自動的にそのレートが反映されます。

そしていくらBTC買いたいかを「注文量」の部分に入力します。

「概算」は、購入しようとしているビットコインを日本円にするといくらくらいになるのかを示しています。

最後に「書い」を選択して「注文する」をクリックするとビットコインの注文完了です。※この時点では注文が完了しただけで、購入が完了したわけではありません。

少し待つと購入が確定します。


画面の右上の部分にカーソルを置くと、自分の総資産が見れます。最後に反映されているかを確認しましょう。

売りたい場合

ビットコインを売りたい場合は、買い板の中での1BTCあたりの価格が最も高いものを選択すれば、その時点で最もお得にビットコインを売却することができます。この場合は、「1,739,985」を「価格」の部分に入力すれば良いということです。※赤枠で囲った数字の部分をクリックすれば、「価格」の欄に自動的にその価格が反映されます。


そして売りたい数量を「注文量」の欄に入力します。すると「概算」の部分に日本円にしていくら分くらいになるかが表示されます。

そして、今回は仮想通貨の売却なので「売り」を選択します。※これを絶対に忘れないようにしましょう。


すると背景が赤くなります。そしたら「注文する」をクリックしましょう。これで売り注文の完了です。※ただしこの時点では売り注文が完了しただけで、売却が完了したわけではありません。売り注文が確定されるまで少々待つ必要があります。


最後に総資産の部分で反映されているかを確認しておきましょう。

販売所での取引方法

次は販売所での仮想通貨の取引方法を説明します。

買いたい場合

販売所で仮想通貨を買いたい場合は、Coincheckトップページの赤枠で囲った部分から、買いたい通貨を選択します。


いくら分購入するかを「数量」の部分に入力します。先ほども述べたように、販売所ではレートが決められており少々割高です。そして「購入する」をクリックすれば購入の完了です。


画面右上の部分にカーソルを置くと、自分の総資産が見れます。最後に反映されているかを確認しましょう。

販売所での購入方法の説明は以上です。

売りたい場合

販売所で仮想通貨を売りたい場合は、まずCoincheckトップページから「設定」を選択します。


「コインを売る」を選択します。


売却するコインを選択し、数量を入力し、「売却する」をクリックします。以上で仮想通貨の売却は完了です。

注意

画像にも記載されているように、一度「売却する」ボタンをクリックしたらキャンセルはできないのでご注意ください。

販売所での売却方法の説明は以上です。

まずは少額で試してみよう

今回はCoincheckでの取引について、取扱通貨の種類、取引手数料、実際の取引方法を説明しました。

もし初めて取引を行う際にどうしても不安な場合は、まずは少額で試してみると良いです。少額だとしても、一度でも実際に取引を行うことで理解が深まり不安が払拭されると思います。

また、もし購入した仮想通貨を他の取引所やウォレットなどに送金したい場合はこちらからやり方を見ていきましょう。

Coincheck(コインチェック)での送金方法と送金手数料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です