仮想通貨の始め方ガイドを見る

Coincheck(コインチェック)完全ガイド:登録方法と使い方を解説

仮想通貨取引所「Coincheck(コインチェック)」の登録方法と使い方を解説します。

Coincheck(コインチェック)は国内の取引所であり、全体的に初心者向けに作られているのが特徴です。そのため「とりあえず仮想通貨を買ってみたい」「とりあえず取引所を使ってみたい」という人にピッタリの取引所です。

これからCoincheck(コインチェック)の登録方法と使い方を初心者にもわかるように詳しく解説していきます。順番に見ていきましょう。

Coincheck(コインチェック)に登録する

登録方法

手順1. アカウント登録

まず、Coincheck(コインチェック)を開き、メールアドレスとパスワードを入力して「登録する」をクリックします。

Coincheck(コインチェック)登録ページへ

注意

このとき入力するパスワードは厳重なものにしましょう。アルファベットの大文字小文字、数字、記号を含んだ、不規則な20桁以上のものにすると良いです。


すると、入力したメールアドレス宛に確認メールが送られます。メールの受信フォルダを確認しましょう。


メールの受信フォルダに送られたメールを開くと、このような箇所があります。メールに記載されているURLをクリックしましょう。


Coincheck(コインチェック)が開くので、ログインしましょう。するとCoincheck(コインチェック)のホーム画面が開きます。アカウントは登録は完了です。

アカウントは登録できましたが、本人確認などの初期設定をおこなわないと仮想通貨の売買などは行なえません。引き続き初期設定を行っていきましょう。

手順2. 初期設定(本人確認や二段階認証設定など)

これから初期設定を行うのですが、基本的には指示に従って進めていけばOKです。もし初期設定の具体的なやり方を見たい場合はこちらをクリックすると表示されます。

電話番号認証

電話番号認証を行うのですが、赤枠で囲った「本人確認書類を提出する」をクリックすれば自動的に電話番号認証画面に移動するのでクリックします。


電話番号認証画面に移動したら、空欄に電話番号を入力し、「SMSを送信する」をクリックします。すると入力した電話番号宛にSMSが送られるので確認しましょう。


SMSに記載されている認証コードを空欄に入力し、「認証する」をクリックします。


電話番号認証は完了です。では次は重要事項の承諾をおこないます。「重要事項の承諾」をクリックしましょう。

重要事項の承諾

たくさんの重要事項がありますが、それぞれ確認し、問題なければそれぞれチェックを入れ、「各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用する」をクリックします。


重要事項の承諾は完了なので、「本人確認書類を提出する」をクリックしましょう。

本人確認

本人確認画面に移ります。まずは確認事項があるのでそちらを確認します。そして下にスクロールします。


本人確認のための情報を入力していきます。


その後、IDセルフィーを行います。自分の顔と指定された書類が一緒に写っている写真を撮影し、添付します。


そして今度は書類のみの写真を撮影し、添付します。


裏面も必要な書類の場合は裏面も撮影し、添付します。


最後に外国PEPsに該当するかどうかの確認で、該当しない場合はチェックを入れ、「本人確認書類を提出する」をクリックします。


するとこのような画面が表示されます。記載されているように、本人確認が完了するまでに1〜2営業日かかるので待ちましょう。

次は二段階認証の設定をおこなうので、「二段階認証」をクリックします。

二段階認証の設定

二段階認証は、セキュリティを高めるために必要なものです。仮想通貨を扱う上でセキュリティ対策は必須なので、絶対に設定しましょう。

「設定する」をクリックします。


するとこのような画面が開きます。二段階認証の設定には、「Google Authenticator」というアプリを使用します。お使いのスマホにて「Google Authenticator」をインストールしましょう。


「Google Authenticator」アプリをインストールしたら、Coincheck(コインチェック)の二段階認証設定画面に表示されているQRコードを読み取り、二段階認証を設定していきましょう。

また同時に、二段階認証を設定する際は、必ず二段階認証アカウントのバックアップを取る必要があります。二段階認証の設定が完了してしまうと、バックアップは取れなくなるので、この時点でバックアップを取るようにしましょう。

MEMO

「Google Authenticator」での二段階認証の設定方法や、二段階認証アカウントのバックアップ方法の詳細はこちらで説明しているので、もしやり方がわからない場合はぜひ参考にしてみてください。

「Google Authenticator」の使い方:設定やバックアップ方法を解説


最後に、「Google Authenticator」に追加したCoincheck(コインチェック)の二段階認証アカウントに表示されている6桁の確認コードを画面下の空欄に入力し、「設定する」をクリックします。

注意

Google Authenticatorに表示されている認証コードは30秒毎に切り替わります。そのため、入力した認証コードが別のものに切り替わらないうちに「設定する」をクリックしましょう。

もし入力中に別に認証コードに切り替わってしまった場合は、切り替わった後の認証コードを入力し直してから「設定する」をクリックしてください。


これで二段階認証の設定は完了です。

出金口座の登録

取引所に預けてある日本円を出金する際の出金先口座も先に登録しておきましょう。

「日本円を出金する」をクリックします。


「新しい口座を登録する」をクリックします。


出金先口座の情報を入力し、「登録する」をクリックします。


出金先口座の登録の完了です。

ハガキの受取

登録した住所に本当に住んでいるかの確認のためにハガキが送られます。

大体2〜3日ほどで登録した住所に届きますが、特に何もしなくて構いません。(届けば確認完了というわけです。)

こちらが実際に届いたはがきです。

というわけで、Coincheck(コインチェック)での登録方法と初期設定は完了です。このように、実際に取引がおこなえるまでに少々時間がかかるので、時間のあるときに登録しておきましょう。

Coincheck(コインチェック)に登録する

日本円の入金方法

Coincheck(コインチェック)に登録して初期設定も完了したら、次はCoincheck(コインチェック)に入金してみましょう。

入金するには、画面上部の「入金」をクリックします。


このような画面が開くので入金していきましょう。入金手段は、「銀行振込」「コンビニ入金」「クイック入金」から選択できます。

それぞれの入金手段のメリット・デメリットや具体的な方法はこちらをご覧ください。

Coincheck(コインチェック)での入金方法:目的別におすすめ入金方法を解説

Coincheck(コインチェック)から日本円を出金したい場合は、「日本円を出金する」から行えます。

仮想通貨の取引(売買)方法

Coincheck(コインチェック)への日本円の入金が完了したら、次は実際に仮想通貨の売買をしてみましょう。

Coincheck(コインチェック)でビットコインを売買する場合、ホーム画面で下にスクロールします。


すると取引箇所があるので、ここでビットコインの売買を行いましょう。


ただし、ビットコイン以外の通貨(アルトコイン)を売買するにはここからはできません。

アルトコインを売買する場合は、ホーム画面の仮想通貨一覧の中から売買したい通貨を選択します。


すると売買画面に移動するので、そこで売買を行いましょう。

Coincheck(コインチェック)での仮想通貨の具体的な売買方法については、こちらの記事で初心者向けに詳しく解説しているのでご覧ください。

Coincheck(コインチェック)での取引方法と取引手数料【取引所 / 販売所】

仮想通貨の送金方法

最後に、仮想通貨の送金方法についてです。Coincheck(コインチェック)から他の取引所やウォレットなどに仮想通貨を送金したい場合は、画面上部の「設定」をクリックします。


このような画面が表示されるので「コインを送る」をクリックします。


送金画面が表示されるので、ここから送金する通貨を選択し、それぞれの項目を入力して送金しましょう。

Coincheck(コインチェック)での送金方法の具体的なやり方はこちらで初心者向けに解説しているのでご覧ください。

Coincheck(コインチェック)での送金方法と送金手数料

Coincheck(コインチェック)はスマホアプリも使いやすい

Coincheck(コインチェック)はスマホアプリも使いやすいです。

ただし、一部の機能はスマホアプリでは利用できないことがあります。

Coincheck(コインチェック)に登録したらぜひ使ってみてくださいね。

初めての取引所ならCoincheck(コインチェック)がおすすめ

Coincheck(コインチェック)は全体的に初心者向けに作られています。高度なことはできないけど、その分わかりやすさが重視されています。

そのため、「とりあえず仮想通貨を買ってみたい」「とりあえず取引所を使ってみたい」という人は、まずCoincheck(コインチェック)を利用してみると良いでしょう。数日も使ってみると、大体のことが理解できるようになります。ぜひ使ってみてくださいね。

Coincheck(コインチェック)に登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です