仮想通貨の始め方ガイドを見る

仮想通貨の今後・将来性:4つの観点から見る仮想通貨の未来像

今回は、「仮想通貨の今後・将来性」ということで、仮想通貨はこれからどうなっていくのかを4つの観点からお話します。

今、仮想通貨業界がどんどん盛り上がってきています。価格は騰落を繰り返しながらも上がっており、徐々にいろいろなコインが誕生しています。また、同時にハッキングや詐欺も横行していますね。

そんな仮想通貨ですが、今後仮想通貨はどうなっていくのかについて、「価格」「通貨の種類」「機能性」「利用者数」の4つの観点からお話します。

1. 価格

まず仮想通貨の価格についてですが、現在激しい価格の変動をしていますが、メジャーな仮想通貨に関してはまだまだ指数関数的な曲線の初期段階にあり、これからもっと上がっていくと考えられます。

今や「ビットコイン」「仮想通貨」という言葉は多くの人が知っていますが、実際に仮想通貨を保有しているのは全体のほんの数%ほどしかいないと言われています。そして仮想通貨に対して「危ない」「怪しい」などマイナスイメージ優位に立っている人はまだまだ多いです。

そのため、これから本当に役に立ち、安全な仮想通貨のみが生き残っていき、マイナスイメージが払拭されていくと、どんどん多くの人が仮想通貨を保有するようになり、本当に存在する意味のある仮想通貨の価格はどんどん上がっていくと考えられます。

そして最終的には、現在変動の激しい仮想通貨の価格も徐々に安定していくでしょう。

2. 通貨の種類

ただし、現在数多く存在する仮想通貨の種類は厳選されていくでしょう。存在価値のない仮想通貨は淘汰されていくと思われます。

今では投機目的で仮想通貨を保有している人の割合がかなり多いため、「価格が上がりそうだから」という理由でよくわからない仮想通貨を購入する人も多いです。そのため、通貨を発行する側としても「儲かる」という理由で利用価値のない通貨を発行したりもします。

しかし、価格の騰落を繰り返していくうちに、投機目的で仮想通貨を購入していた人たちは徐々に学び、注意喚起も広まり、規制もできてくるでしょう。そうすることよって、安易に仮想通貨を発行しても儲からなくなり、存在価値のない仮想通貨を保有する人も減り、徐々に存在価値のある仮想通貨のみが生き残るようになっていくと思います。

3. 機能性

機能的な観点から仮想通貨の将来を見ると、機能はどんどん優れていくでしょう。といっても当たり前ですよね。仮想通貨というと種類がありすぎて、それぞれの機能も違ってくるので、ひとまずビットコインの機能的なことについてお話します。

もともと、法定通貨に比べて送金時間が早く、送金手数料が安いため、少額決済に使えるという理由も含めて期待されたビットコインですが、最近では送金に時間がかかり、手数料も高かったりと、その優位性が失われつつあります。

しかし、もちろん何もされていないわけではなく、いろいろな改善案が出てきています。例えば、「SegWit」「ライトニングネットワーク」といったものです。おそらくあなたもこれらの言葉は見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

今回挙げた送金問題など、仮想通貨が広まることによって起きる問題に対して、上記のような改善案が出され、議論され、実験され、徐々に実装されていきます。こういったことの繰り返してによって、仮想通貨の機能は徐々に良いものになっていくでしょう。

4. 利用者数

もちろん、仮想通貨の利用者は増えていくでしょう。投機、投資目的で仮想通貨を保有する人はもちろん、将来的に価格が安定し、存在価値のある仮想通貨のみが残り、実際に生活する上で使えるようになっていくことによって保有する人もいるでしょう。

また、現在は「利用者」というよりどちらかというと「保有者」の割合が多いですが、将来的には本当に意味での仮想通貨の「利用者」が増えていくことでしょう。

長期的に見れば仮想通貨の未来は明るい

短期的に見るとまだまだいろいろな問題が起きている仮想通貨ですが、長期的に見れば未来は明るいです。

何事もそうですが、最初は批判する人、抵抗を持つ人など、マイナスイメージを持っている人は多いです。そしてそれまでなかったものでもあるので、いろいろな問題も起きます。これはインターネットが誕生したばかりの頃も同じでしたよね。

しかし、そんなインターネットも今や当たり前のように存在し、なくてはならない存在にまで成長しました。仮想通貨も同じことでしょう。

参入時期は早ければ早いほど受けられるメリットが大きいことは多いので、ぜひこれから一緒に仮想通貨について学び、実際に買ったり使ったりしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です