MENU
仮想通貨の始め方ガイドを見る

仮想通貨の「取引所」と「販売所」の違いと使い分け方法

仮想通貨の「取引所」と「販売所」との違いについて、それぞれの特徴、使い分け方法を説明します。

仮想通貨を始めたての頃、「取引所と販売所って何が違うんだ?」という疑問が出てきますよね。これは僕もそうでした。しかしそれぞれにメリット・デメリットがあり、状況によって使い分けるのが賢い使い方なのです。

今回は、「取引所」と「販売所」の違いを手順を踏んでわかりやすく説明していくので、上から順番に見ていきましょう。

この記事をまとめると…
  • 「取引所」はお得に売買したいときにおすすめ
  • 「販売所」は大きな額を手っ取り早く売買したいときにおすすめ

取引所・販売所とは

取引所とは

取引所とは、ユーザー同士で直接仮想通貨の取引(売買)を行える場を提供しているプラットフォームのようなものです。

ある仮想通貨を買いたい人、売りたい人がそれぞれ注文を出し、それぞれの価格が一致したときに取引(売買)が成立する仕組みです。ただし、取引をしている相手が誰なのかということはわかりませんし、相手もこちらが誰なのかはわかりません。

取引所では、基本的に取引にかかる手数料は安く済みます。ただし、希望の価格である仮想通貨を大量に買おうとしても、他のユーザーが同じ価格で同じ(またはそれよりも多くの)量を売ろうとしている必要があるので、大量の仮想通貨を売買するには時間がかかってしまうことがあります。

取引所の特徴
  • 安い手数料で取引可能
  • 取引に時間がかかることもある

販売所とは

販売所とは、仮想通貨の売買ができるお店のようなものです。取引所はユーザーと取引を行うのに対し、販売所は販売所を運営している企業と取引を行います。

例えば、海外に行って現金を現地のお金に替えるときに、両替所で日本円をその国のお金に替えますよね。その両替所のようなイメージです。

販売所では、取引にかかる手数料は少々高めです。また、販売所が提示する価格で売買を行わなければなりません。しかし、大量の仮想通貨を一気に売買することができます。

販売所の特徴
  • 時間をかけずに大量の仮想通貨の売買が可能
  • 手数料が少々高め

取引所と販売所での手数料の差

では、取引所と販売所では手数料にどれくらいの差があるのかを、国内の仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」で見てみましょう。

まず下の画像が取引所の画面です。まだ何がなんだかわからないかもしれませんが、今は赤枠で囲った部分のみご覧ください。赤枠内の上の数字が「906,003」で、下の数字が「905,790」です。これらは1BTC(ビットコイン)あたりの価格です。

これが何を意味するのかというと、この時点(瞬間)では、ビットコインを買いたい場合は1BTCあたり906,003円の価格でビットコインを買うことができ、ビットコインを売りたい場合は1BTCあたり905,790円の価格でビットコインを売ることができるということです。

そして、この購入価格と売却価格との差を「スプレッド」といいます。たまに「取引手数料0%」などと記載されている取引所がありますが、このスプレッドも実質的な手数料であり、取引所の収益となるのです。

例えば、この価格で1BTC買ってからすぐに1BTC売却すると、213円損します。これが運営会社の収益になります。


次に販売所を見ていきましょう。下の画像が販売所の画面です。そして赤枠の部分をご覧ください。上の数字が「920,935」で、下の数字が「884,737」です。先ほどと同じくこれらは1BTCあたりの価格です。

この時点では、ビットコインを買いたい場合は1BTCあたり920,935円の価格でビットコインを買うことができ、ビットコインを売りたい場合は1BTCあたり884,737円の価格でビットコインを売ることができるということです。

ちなみにこれは上の取引所の画面をキャプチャしたときとほぼ同時刻にキャプチャしたものです。取引所と比べるとスプレッドが大きいことがわかりますよね。

例えば、この価格で1BTC買ってからすぐに1BTC売却すると、36,198円損します。取引所と比べると、販売所ではこれだけ多くの手数料を支払わなければならないのです。

ここでスプレッドについての話をしましたが、実際に国内の主要取引所のスプレッドを比較検証した記事があるのでぜひご覧ください。

仮想通貨取引所のスプレッドを比較検証【取引所 / 販売所】

取引所では売買できる数量に上限がある

上述したように、取引所で仮想通貨を売買することで安い手数料で売買できることがわかりましたね。しかし、取引所では希望する価格での売買数量に上限があるのです。

再度取引所の画面を見てみましょう。価格の左右に数字がありますよね。これはその価格でどれだけの売買注文が入っているかを示しています。

例えば、906,003円での売却注文が0.021BTC分あります。つまり、この時点で906,003円の価格でビットコインを購入しようとしても、最大で0.021BTC分しか購入できないのです。もしこの価格でもっと多くのビットコインを購入したいなら、906,003円での売却注文を待つ必要があるのです。

このように、取引所での仮想通貨の取引は、手数料が安いけど取引が完了するまでに時間がかかることもあります。

ただし、余程多くの仮想通貨を売買したい場合でない限り、すぐに取引が完了することがほとんどです。

使い分け方法

では、それぞれどんなときに利用するのが良いかを説明します。

取引所を利用したほうが良い場合

取引所の特徴は、手数料が安く抑えられるけど、取引が完了するのに時間がかかることがあるということでしたね。しかし、余程多くの数量を売買しない限り時間がかかることはほとんどないです。

そのため、基本的には取引所で仮想通貨を売買すると良いです。

また、現在のビットコインの価格が100万円だとして、1時間後に価格が50万円になり、そのまた1時間後には価格が100万円に戻るんじゃないかと予測できるとしましょう。(極端ですが)

しかし、今すぐにでも寝たい、なんとしてでも寝たいから1時間後は取引画面を見ていられないという場合は、50万円の価格で買い注文を入れておき、もしその後ビットコインの価格が50万円になったときに自動的に注文を完了させるようにすることも可能です。

販売所を利用したほうが良い場合

販売所の特徴は、手数料は高いけど、その時の価格で大量の売買が可能ということでしたね。

そのため、もし取引画面を見て、取引が完了するのに時間がかかりそうなくらいの量を売買したいとき、すぐに取引を完了させたい場合は販売所を利用するのが良いです。

取引所と販売所は状況に応じて上手く使い分けよう

今回は、取引所と販売所の違いについて、それぞれの特徴や使い分け方を説明しました。

まとめると…
  • 「取引所」はお得に売買したいときにおすすめ
  • 「販売所」は大きな額を手っ取り早く売買したいときにおすすめ

再度まとめるとこのような感じでしたね。

そんな取引所と販売所ですが、一般的には取引所だけ、または取引所と販売所のどちらも用意しているところがほとんどです。そしてこれらのことを「取引所」と呼びます。取引所と販売所のどちらも用意されているところのこともまとめて「取引所」と呼ぶのです。

そんな取引所ですが、世界中にたくさん存在し、もちろん国内にもあります。それぞれに特徴があり、何を重視するかによって自分にあった取引所は多少異なってくるので、次はどんな取引所があるのか、自分にあった取引所はどこかを見つけていきましょう。

【目的から選ぶ】仮想通貨取引所おすすめ3選と使い分け方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です