MENU
仮想通貨の始め方ガイドを見る

分散型取引所「IDEX」の使い方:登録・入出金・取引方法を解説

仮想通貨の分散型取引所「IDEX」の使い方を解説します。登録方法から実際に取引するまでを順番に解説します。

現在主流である取引所のように使おうとしても、おそらく途中で「あれ?」「これなんだ?」となる人は多いと思います。そんなIDEXの使い方について、登録、入出金、取引方法などを順番に解説していくので、お困りの場合はぜひ参考にしてみてください。

IDEXを利用する前に知っておくべき2つのこと

IDEXを利用する前に、以下の2つのことは頭に入れておきましょう。というのも、IDEXは現在の一般的な取引所(bitFlyerなど)とは仕組みが違うからです。以下の2点を頭に入れておくことで、IDEXを利用する際の助けになります。

1. イーサリアムベースのトークンのみ利用可能

IDEXでは、イーサリアムベースのトークンのみ利用可能です。

ビットコインなどイーサリアムベースでないトークンは利用できません。

2. ウォレットをIDEXに紐づけて利用する

IDEXを含む分散型取引所(DEX)は一般的な取引所とは違い、自分が所有している(イーサリアム)ウォレットを取引所に紐づけて利用します。もしウォレットをお持ちでない場合は取引所で作成することも可能です。

つまり、MyEtherWalletやMetaMaskなどのウォレットを取引所に紐づけて利用することができるのです。

現在一般的である取引所(bitFlyerなど)では、取引所のウォレット内に各ユーザーのアカウントが存在するという仕組みになっています。つまり、厳密には自分のウォレットではなく取引所のウォレットを使わせてもらっている形になるので、取引所がメンテナンスなどになったら入出金を行えませんし、取引所がハッキング被害に遭ったら預けていた自分の仮想通貨もなくなってしまう可能性があります。

自分のお金は取引所の管理下にあるのです。

それに比べて、分散型取引所では自分のウォレットを取引所に接続して利用するので、ウォレット内の仮想通貨は自分の管理下にあります。

一般的な取引所の仕組みと、IDEXのような分散型取引所の仕組みの違いは、以下のようなイメージだと覚えておいてください。

では、IDEXの使い方を順番に見ていきましょう。

登録方法(ウォレットの作成方法)

まずはIDEXの登録(ウォレットの作成)方法から見ていきましょう。IDEXを開きます。

IDEXを開く

MEMO

便宜上わかりやすく「登録」という言葉を利用しましたが、正確には「ウォレットの作成」ですね。直前に説明したことを理解していれば分かると思います。

MEMO

また、新たにウォレットを作成しなくとも、すでにお持ちのウォレットをIDEXに接続して利用したい場合は、「既存のウォレットをIDEXに接続する」からご覧ください。

ウォレットを作成する

IDEXで新規にウォレットを作成して利用する場合は、まず画面上部の「NEW WALLET」を選択します。


ウォレットのパスワードを決める画面が表示されるのでパスワードを入力しましょう。入力したら「I UNDERSTAND CREATE NEW WALLET」を選択します。

MEMO

このとき入力するパスワードは、英数字、記号を含む20文字以上の不規則なものにしましょう。また、このパスワードはメモして厳重に保管しましょう。


「DOWNLOAD KEYSTORE FILE」をクリックしてキーストアファイルをダウンロードし、厳重に保管しましょう。

そして「GOT IT. GET MY PRIVATE KEY.」をクリックします。


秘密鍵が表示されるので、表示されている秘密鍵をメモし、厳重に保管しましょう。

そして「RETURN TO EXCHANGE」をクリックします。


ウォレットの作成は完了です。作成したウォレットをIDEXに接続するため、画面右上の「UNLOCK WALLET」をクリックします。


「Keystore File」にチェックを入れ「SELECT WALLET FILE」を選択します。


パスワードの入力欄が表示されるので、先ほど決めたパスワードを入力して「UNLOCK」をクリックします。


作成したウォレットをIDEXに接続できました。これで作成したウォレットを利用してIDEXを利用できるようになります。


ちなみに、画面右上の人型マーク内にある「WALLET」の右側のマークをクリックすることで、接続しているウォレットの詳細を確認できます。


Etherscanが開き、ウォレットの詳細を確認できます。

既存のウォレットをIDEXに接続する

では次は、既存のウォレットをIDEXに接続する方法を見ていきましょう。新たにウォレットを作成しなくとも、すでにウォレットをお持ちの場合は、既存のウォレットを利用したほうが良いですね。

MEMO

ここでは、実際にウォレット「MetaMask」をIDEXに接続する流れをお見せしながら説明していきます。「MetaMask」以外のウォレットでも基本的なやり方はほとんど同じです。

MetaMask(メタマスク)の使い方:ウォレット作成や送金方法を解説

MetaMaskをIDEXに接続する場合は、まずブラウザでMetaMaskにログインしている必要があるので、もしログインしていない場合は先にログインしておきましょう。


すでにお持ちのウォレットをIDEXに接続する場合は、画面右上の「UNLOCK WALLET」を選択します。


どの方法でウォレットに接続するかを選択します。MetaMaskでアンロックする場合は、「MetaMask」にチェックを入れて「UNLOCK METAMASK」を選択します。

MEMO

ここではMetaMaskで接続していますが、上から順番に「キーストアファイル」「秘密鍵」「MetaMask」「Ledger Wallet」での接続方法が選択できます。


既存のウォレットでIDEXに接続できました。念の為、画面右上の人型マークから「WALLET」というところのアドレスを確認し、接続したウォレットが間違っていないか確認しておくと良いですね。

他のウォレットに切り替える方法

IDEXに接続しているウォレットを他のウォレットに切り替えたい場合は、画面右上の人型マークから「CHANGE WALLET」を選択し、その後の指示に従って進めていけばウォレットを切り替えることも可能です。

ウォレット内の資産を確認する方法

IDEXに接続しているウォレット内の資産を確認したい場合は、画面上部の「BALANCES」内の「FULL BALANCES」を選択します。


すると、このようにウォレット内の資産を確認できます。


「Hide zero balances」にチェックを入れることで、ウォレット内に保有している通貨のみ表示させて見やすくすることも可能です。

取引方法

IDEXで仮想通貨の取引を行う方法を見ていきましょう。

ウォレットをIDEXに接続して利用すると言っても、ウォレット内の通貨を直接取引できるわけではありません。ひと手間必要なのです。

「Balances」を見てみると、保有している通貨が「My Wallet Balances」という欄にありますよね。IDEXで取引できるようにするためには「My IDEX Balances」に移す必要があるのです。

MEMO

わかりやすく例えると、銀行口座から取引所に入金するようなイメージです。

そのために、まずは取引したい通貨の右側にある「DEPOSIT」を選択します。


このような画面が出てくるので、取引したい量を「Amount to send」に入力し、Gas Priceを決めます。Gas Priceをどれくらいに設定すれば良いかわからない場合は、最初の設定のままで構いません。

そして「DEPOSIT」をクリックします。


確認画面が表示されるので「CONFIRM」をクリックします。


今回はMetaMaskでウォレットを接続しているので、MetaMaskでの確認画面も表示されます。「Gas Limit」と「Gas Price」を設定し「SUBMIT」をクリックします。


このような画面が表示されるので「OK」を選択します。


しばらくするとBalances画面の「My IDEX Balances」の部分に反映されます。


これでようやく取引を行えるようになります。画面上部の「EXCHANGE」から取引画面を開きます。

そして通貨ペアを選択し、どの通貨とどの通貨を取引するかを決めます。


下にスクロールすると、取引フォームや板が表示されているので、一般的な取引所で取引するときと同じように取引しましょう。


取引完了後は、Balances画面にて取引が反映されているかを確認すると良いですね。


また、取引完了後は「My IDEX Balances」にある通貨を「My Wallet Balances(ウォレット内)」に戻しておくと良いですね。※頻繁に取引したい場合はそのままでも構いません。

その場合は通貨の右側にある「WITHDRAW」を選択します。


ウォレット内に戻す量を入力し「WITHDRAW」を選択します。


「CONFIRM」を選択します。


MetaMaskを利用している場合はこのような画面が表示されるので「Sign」を選択します。


以上で完了です。「OK」を選択しましょう。


しばらくしてBalances画面を確認すると「My Wallet Balances(ウォレット内)」に移動していますね。

また、MetaMaskで確認しても、今回購入した「AURA」という通貨がウォレット内にあることが確認できます。

送金方法

IDEXを利用してウォレット内の通貨を他のウォレットや取引所などに送金することも可能です。

MEMO

前提として、IDEXを利用して送金できるのはBalances画面の「My IDEX Balances」にある分量だけです。「My Wallet Balances」にあるものはIDEXでは送金できないので、どうしてもIDEXで送金したい場合は、「取引方法」でも説明したやり方で「My IDEX Balances」に移動する必要があります。

IDEXで送金する場合は、送金したい通貨の右側にある「TRANSFER」を選択します。


送金先アドレスと量を入力し、ガスリミットとガス価格を決め「TRANSFER」をクリックして送金の完了です。

MEMO

ガスリミットとガス価格をどれくらいにすれば良いかわからない場合はそのままで構いません。

今後は分散型取引所(DEX)が主流になる

今回はIDEXの使い方を解説しました。

実際に触ってみてわかったと思いますが、IDEXのような分散型取引所(DEX)はまだまだ使いづらくて何かと手間のかかります。しかし、今後はDEXが主流になっていくと考えられます。

DEXの仕組み上、セキュリティが強固であり、いろいろなところで必要となる手数料も安く済むからです。

個人的にはDEXの中でも今回紹介したIDEXがとても使いやすいと思ったので、DEXについて気になっている場合はぜひIDEXを使ってみてくださいね。

IDEXを使ってみる

2 Comments

NEW_XRP_LOVE

初めまして。大変参考になりました。
ありがとうございます。

IDEXとMetaMask初心者です。
本日、ZAIFからETHをMetaMaskに送金し、
IDEXで「NPXS」を購入しました。

そこで質問ですが、IDEXで販売されているコインであればMetaMaskに送金し保管できるのでしょうか? 「NPXS」も大丈夫なのか教えて頂ければ助かります。

よろしくお願いします。

返信する
むらか こうすけ

初めまして、コメントありがとうございます。

IDEXで取引できるコインならMetaMaskに送金して保管することは可能です。もちろん「NPXS」も可能です。

またこのような場合は、先にMetaMaskにてMetaMaskで管理できるか知りたいトークンを追加できるか試してみて判断してみるのが確実ですね。

MetaMaskでのトークンの追加方法については、「MetaMask(メタマスク)の使い方:ウォレット作成や送金方法を解説」の記事の「トークンの追加方法」の項目で説明しているので、もしよければ参考にしてみてください。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です