仮想通貨の始め方ガイドを見る

MetaMask(メタマスク)の使い方:ウォレット作成や送金方法を解説

イーサリアムまたはイーサリアム系トークンのためのウォレット「MetaMask(メタマスク)」の使い方をわかりやすく解説します。ウォレットの作成方法から送金方法、復元方法などを一つひとつ順番に説明していきます。

ChromeやFirefox、Operaの拡張機能やアドオン上で利用できる便利なウォレットです。拡張機能なのですぐに取り扱えますし、見た目もわかりやすく作られています。

イーサリアムウォレットとして、他にも「MyEtherWallet」が有名ですが、MetaMaskからMyEtherWalletにアクセスしてMyEtherWalletで作成したウォレット内の仮想通貨を取り扱うこともできてしまうのです。

そんなMetaMaskの使い方を順番に説明していくので、ぜひ一緒に利用してみましょう。

ウォレットの作成方法

まずはウォレットを作成しましょう。

MEMO

MetaMaskを利用できるブラウザはChromeFirefoxOperaの3つです。そのため、これら以外のブラウザを利用している場合はChrome、Firefox、Operaのどれかを利用しましょう。※ここではChromeで説明しますが、どのブラウザでも基本的なやり方は同じです。

MetaMaskの公式サイトを開きましょう。

参考

MetaMask

開いたら画面中央部からお使いのブラウザ名を選択しましょう。ここではChromeを利用するので「Chrome」を選択します。


するとMetaMaskの拡張機能インストール画面が開くので、そのままインストールしましょう。


拡張機能をインストールしたら、早速導入した拡張機能を開きましょう。すると以下の画面が開くので「Accept」を選択します。


利用規約が表示されるので、一番下までスクロールします。一番下までスクロールすると画面下の「Accept」ボタンをクリックできるようになるのでクリックします。


ウォレット作成画面が開くので、パスワードを入力し「CREATE」をクリックします。

MEMO

このとき入力するパスワードは、英数字と記号を含めた20文字以上の不規則なものにすることを推奨します。

また、このパスワードはメモして安全な場所に保管しましょう。

するとSeed Wordsと呼ばれる12個の単語が記載された画面が開きます。このSeed Wordsは、もしウォレットのパスワードを忘れてしまった時にウォレットを復元するために必要なものです。

Seed Wordsもかなり重要なものであり、絶対に他人に見せてはいけないものなので、メモして安全に保管しましょう。

メモして保管したら「I’VE COPIED IT SOMEWHERE SAFE」をクリックしましょう。

MEMO

その下にある「SAVE SEED WORDS AS FILE」をクリックすると、Seed Wordsが記載されたファイルをダウンロードできます。


これでウォレットの作成完了です。


ウォレットを作成したら、まずはアカウント名を決めましょう。

MEMO

MetaMask内には複数のアカウントを持つことができます。アカウントごとにアドレスや秘密鍵は異なり、それぞれが別のウォレットとして機能します。そのため、もし複数のアカウントを使い分ける場合はアカウントごとに名前を付けたほうが良いです。

アカウント名の上あたりにカーソルを持ってくると「edit」という文字が出てくるのでクリックします。するとあアカウント名を変更できます。

送金(入出金)方法

入金方法

取引所や他のウォレットなどからイーサリアムなどを入金する場合は、アカウント名の右側にあるメニューボタンをクリックし、「Show QR Code」または「Copy Adress to Clipboard」を選択します。

「Show QR Code」を選択すると下の画像の右側の画面が開き、アドレスとそのQRコードが表示されます。「Copy Adress to Clipboard」を選択するとアドレスをコピーできます。

取引所や他のウォレットなどからこのアドレス宛にイーサリアムなどを送金すると、MetaMaskのウォレットに入金できます。

送金(出金)方法

MetaMaskで作成したウォレットから他のウォレットや取引所に送金する場合は、「SEND」ボタンをクリックすると送金画面が開くので、送金先アドレスを入力し、送金する金額を入力して送金を完了させましょう。


ちなみに、アカウント名の右側にあるメニューボタンから「View account on Etherscan」を選択すると送金状況を確認できます。


こちらのEtherscan画面が開き、詳細を確認できるので、あまりにも送金が遅い場合などに確認してみると良いです。

トークンの追加方法

MetaMaskでは、イーサリアム以外にもイーサリアムベースのトークンを管理することも可能です。

MEMO

例えば、下の画像でお見せしているMetaMaskに接続しているウォレットには、イーサリアム以外にもイーサリアムベースのトークン「Aurora DAO(AURA)」も保有しています。しかし、設定しない状態だとイーサリアムのみしか表示されていませんね。

そのため、ウォレット内にあるイーサリアムベースのトークンをMetaMask上で表示させるためにはちょっとした設定が必要です。

ウォレット内にあるイーサリアムベースのトークンをMetaMask上でも見れるようにするには、MetaMaskを開き「TOKENS」というタブから「ADD TOKEN」を選択します。

そして追加したいトークンの「Token Contract Address」「Token Symbol」「Decimals of Precision」を入力します。といっても、この時点でこれらはわかりませんよね。引き続き追加したいトークンのこれら3つの情報を調べます。


追加したいトークンの「Token Contract Address」「Token Symbol」「Decimals of Precision」を調べるには、「Etherscan」というサイトで調べると良いです。

「Etherscan」を開きましょう。

Etherscanを開く

Etherscanを開いたら、画面右上の検索ボックスに追加したいトークン名を入力して検索します。


するとトークンの詳細ページが表示されます。ここで「Token Contract Address」「Token Symbol」「Decimals of Precision」の3つを確認できます。


MetaMaskのトークン追加画面にそれぞれ入力して「Add」ボタンをクリックしましょう。

MEMO

このとき、「Token Contract Address」のみを入力すると他の2つの項目が自動入力されることが多いです。

すると追加したトークンをMetaMaskでも見ることができるようになります。

トークンの送金について

上記の方法でイーサリアムベースのトークンをMetaMask上で確認することができましたが、MetaMask上でトークンを受け取ること(入金)はできますが、送金(出金)することはできません。

他のウォレットや取引所などからトークンを受け取る際は、イーサリアムを入金するときと同じやり方でできます。

MEMO

イーサリアムとイーサリアムベースのトークンのアドレスは同じなので、イーサリアムを入金するときに使ったアドレス宛に他のウォレットなどからトークンを送金すればOKです。

イーサリアムウォレットは、1つのアドレスでイーサリアムやイーサリアムベースのトークンを自動振り分けして管理する仕組みになっているからです。

ただし、MetaMaskを利用してイーサリアムベースのトークンをウォレットから他のウォレットや取引所などに送金(出金)することはできません。その場合はMyEtherWalletなどを利用してウォレット内のイーサリアムベースのトークンを送金しましょう。

MyEtherWallet(MEW)の使い方:ウォレット作成や送金方法を解説

設定や秘密鍵の確認

設定を変更する

MetaMaskの設定を変更する場合は、画面右上の三本線(通称ハンバーガーメニュー)をクリックし「Settings」を選択します。すると設定画面が開くので、ちょっとした設定等を行えます。

秘密鍵を確認する

作成したウォレットの秘密鍵を確認したい場合は、アカウント名の右側にあるメニューボタンをクリックし、「Export Private Key」を選択します。

そして表示された画面でパスワードを入力し「Submit」をクリックします。


すると秘密鍵が表示されます。

ウォレットの復元方法

ウォレットの復元方法も先に知っておきましょう。ウォレット作成の際に、アカウントを復元するための「Seed Words」というものがありましたよね。パスワードを忘れてしまってウォレットを復元する場合は、この「Seed Words」を利用します。

画面右上の三本線から「Log Out」を選択するとログアウトできるのでログアウトしましょう。


するとログイン画面が開きます。ここでパスワードを入力すればログインできるのですが、パスワードを忘れてしまったとします。その場合は、「Restore from seed phrase」をクリックして出てきた画面で、ウォレット作成時にメモして保管しておいたSeed Wordsを入力し、今後使用する新しいパスワードを入力し、「OK」をクリックします。


以上でアカウントの復元の完了です。

アカウントの追加方法

先ほどちらっとお伝えしましたが、MetaMask内でアドレスの異なる複数のアカウントを所持し管理できます。

例えばMetaMaskのアカウントを追加する場合は、画面右上の人型マークをクリックし「Create Account」を選択するだけで追加できます。


冒頭でもお伝えしましたが、MetaMask上でMyEtherWalletで作成したウォレットを管理し操作することも可能です。これがまた便利なので、その方法も見ていきましょう。

MetaMask上でMyEtherWalletのウォレットを連携し操作する方法

不要なアカウントの削除方法

もし不要なアカウントを作ってしまい、邪魔だから削除したいという場合は削除することができます。

例えば、今存在する3つのアカウントのうち「Account2」という名前のアカウントを削除するとします。


まずログアウトします。


するとログイン画面が出てくるので、画面下の「Restore from seed phrase」を選択し、Seed Wordsを入力してアカウントを復元します。

このとき、パスワードを決めるのですが、パスワードが第三者に漏れたわけではないので以前使用していたパスワードでも構いません。


このように復元できました。しかし、ここでは「Account1」のみ存在しています。


そのため、必要に応じてアカウントをインポートしましょう。これで余計なアカウントは削除できます。

MetaMaskはスマホでも使える?

最後に、MetaMaskはスマホからでも使えるのかという疑問についてですが、現時点ではAndroidスマホでFirefoxからなら利用可能のようです。残念ながら現時点ではiPhone(iOSスマホ)からは利用できません。

AndroidスマホからMetaMaskを利用する場合は、以下の手順で利用することができます。※僕はiPhoneしか持っていないので、申し訳ないですが文字のみでの説明になります。

  1. 「Firefox」アプリをインストールする。
  2. インストールした「Firefox」アプリからMetaMask公式サイトを開き、「MetaMask」アドオンをFirefoxにインストールする。
  3. FirefoxにインストールしたMetaMaskアドオンを開いて利用する。

このような手順でAndroidスマホからMetaMaskを利用できます。基本的な使い方はPC版のMetaMaskと同じです。

2 Comments

岡本敏明

説明通りに復元したら、今までのトークンが全てゼロになってしまいました。以前のプライベートキーはコピーしていなかったのでインポートはできません。 とても価値のあるトークンが多かったのでかなり焦ります 補足ありましたらお願いします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です