仮想通貨の始め方ガイドを見る

Zaif(ザイフ)アプリの使い方:各機能の使い方と使ってみた感想

Zaif(ザイフ)アプリをざっと使ってみたので、各機能の使い方と実際に使ってみた感想をお伝えします。

仮想通貨取引所を頻繁に利用する人の中には、スマホメインで利用したいという人も多くいるかと思います。国内でも、bitFlyer(ビットフライヤー)Coincheck(コインチェック)など、主要仮想通貨取引所はスマホアプリも提供していますね。

今回は国内仮想通貨取引所の「Zaif(ザイフ)」のアプリを利用してみたので、使い方や感想などをお伝えしていきます。

MEMO

まだZaif(ザイフ)に登録していない場合は、先に登録を済ませておきましょう。

Zaif(ザイフ)に登録する

Zaif(ザイフ)完全ガイド:登録方法と使い方を解説

アプリのインストール&初期設定

アプリのインストール

まずはZaif(ザイフ)アプリをスマホにインストールしましょう。

Zaif
Zaif
無料
posted with アプリーチ

初期設定

アプリをインストールしたら、初期設定を行いましょう。

アプリを開くと、いきなり「新しくウォレットを作る」「復元パスフレーズを持っている」と出てきますよね。おそらく多くの人はここで「??」となってしまうかもしれませんね。

初めてザイフアプリを利用する場合は、「新しくウォレットを作る」を選択すればOKです。ウォレットが作成されたら「次へ」を選択し、次の画面にてパスフレーズが表示されるので、これらをメモして大切に保管しておきましょう。もしアプリを入れているスマホが故障したり紛失してしまったときなどに、ザイフアプリを復元するために必要となります。

パスフレーズをメモしたら「記録完了」を選択します。


次は4桁のパスコードを設定しましょう。画面に記載してあるように、ビットコインやトークンの送信時に必要となります。


Touch IDに対応しているスマホをお使いの場合は、Touch IDの設定ができます。一つ前の手順で設定したパスコードの代わりに利用できます。

設定またはスキップしたら、「さあ始めましょう!」を選択しましょう。


こちらがザイフアプリのトップ画面です。ザイフアプリのウォレットに保有している仮想通貨の数量が表示されます。

MEMO

ここに表示されているのは、ザイフの取引所に保有している仮想通貨ではなく、ザイフのウォレットアプリ(ここで説明しているアプリ)に保有している仮想通貨です。

アプリの使い方

アプリの設定

初期設定を終えたら、まずはアプリの設定だけ見ておきましょう。「menu > 設定」を開きましょう。


設定画面が開くので、ここで各種設定を行えます。「これは絶対にやらないといけない!」といったものはありません。

トップ:資産の確認と仮想通貨の送金

「トップ」タブでは、先ほどもお伝えしたようにザイフアプリに保有している仮想通貨を確認できます。また、紙飛行機マークをタップすることで、その通貨の送金画面に移動します。

受け取り:仮想通貨の受け取り

「受取り」タブでは、仮想通貨を受け取るためのアドレスやQRコードを表示できます。

Zaif:ザイフ取引所を操作

「Zaif」タブでは、ザイフ取引所を操作できます。ザイフアプリにてザイフ取引所を操作したい場合は、まずはログインする必要があります。


ザイフ取引所のアカウント情報を入力し、ログインします。


もちろん、入出金(送金)や取引を行えます。

取引所:トークンの売買

「取引所」タブでは、トークンの売買を行えます。ややこしいですが、この取引所画面は一つ前で見ていたザイフ取引所のことではなく、ザイフアプリ内の取引所です。

例えば、「トークン」を選択し、売買を行いたいトークンを選択します。


買うか売るかを選択し、売買を行います。ザイフアプリ内の取引所での取引はこのようにして行います。

履歴:送受金履歴の確認

「履歴」タブでは、送受金履歴を確認することができます。

実際に使ってみた感想:現状おすすめできない

ザイフアプリを利用してみた感想ですが、結論を一言で言うと「現時点では不要」です。スマホのブラウザアプリ(ChromeやSafariなど)でザイフを開いたほうが便利だと感じました。

理由はいろいろあります。主に、アプリを開いてから完全に開くまでにちょっと時間がかかる、アプリでザイフ取引所を利用するメリットが特にない(ブラウザから開けば良い)、ウォレットアプリとして利用するにも微妙などといった理由です。

現時点ではスマホアプリにはそれほど力を入れていない感じがしますね。とはいえ、もしかしたら今後大きく改善される可能性もあるので、密かにそれに期待しています。

現状、スマホからザイフを利用したい場合は、ブラウザアプリ(Chrome、Safariなど)から利用することを推奨します。

とはいえ、ザイフがおすすめ取引所の一つであることには違いありません。安い取引手数料、すべての通貨を取引所で売買できる、セキュリティに対する意識が高いといった理由からです。

何かと使いづらさを感じるザイフですが、国内取引所の中では圧倒的に取引手数料の安い取引所なので、まだ登録していない場合はぜひ使ってみてくださいね。

Zaif(ザイフ)に登録する

Zaif(ザイフ)完全ガイド:登録方法と使い方を解説

スマホでザイフを利用する場合、専用アプリではなくブラウザアプリからザイフを開いて利用するのが良いと言いましたが、実際にどのように利用するのかをこちらの記事で説明しているのでぜひご覧ください。

スマホからZaif(ザイフ)を利用するときのおすすめの使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です